前へ
次へ

お葬式の暗いイメージを変えていく近代

お葬式と聞けば、悲しくて暗いイメージがありますよね。
大事な人が亡くなってしまうのはとても辛い事です。
しかし、亡くなった本人は自分のせいでみんなが悲しい顔をしているのはきっと本望ではありませんよね。
自分がいなくなってもみんなに笑顔でいてほしい、最後は笑顔で見送ってほしい。
そう願っている人は少なくありません。
そして最近では、自分で自分のお葬式のプランを考えている人が多いのをご存じでしょうか。
もし自分に何かあった場合、親族に迷惑をかけたくないという気持ちや「こういうお葬式にしてほしい」という理想がある方は事前に準備をする事ができます。
特に昔のお葬式であれば、遺影の写真はきっちりとした写真を用意することが主流でしたが、最近ではお葬式用にオシャレで華やかな遺影を用意する人も増えているようです。
また、お葬式ならではのしんみりとした雰囲気が嫌だという方は、自分が生前好きだった音楽を流すように葬儀業者に頼んだりすることもあり、少しずつお葬式も変わっていっているようです。

Page Top