前へ
次へ

葬儀に使用する遺影の候補を選んでおく

お葬式の準備は何かと大変ですが、大事なことの一つに遺影選びがあります。
小さめの写真でも引き伸ばして遺影にすることはできますし、背景の加工もできるので、その人らしい写真を選ぶことが大事です。
親の中には、遺影に使って欲しい写真を数枚選んで、引き出しなどに閉まっている人もいます。
お葬式が終わって遺品整理をしているときに、メモ紙とともに見つかるなんてことも多いです。
かといって、子どものほうから生前に遺影はどうするかと聞きづらいですから、実家でアルバムなどを開きながら、本人が気に入ってそうな写真の目星をつけておくようにします。
加えて、特別な時間でなくても、今はスマホなどでもすぐに撮影できますから、何気なく機を見て、たくさん家族写真を撮影しておくことも大切です。
遺影を見たときに、そのときの故人との良い記憶がよみがえるような写真だと素敵です。
普段からよくコミュニケーションを取れている親子であれば、一緒に遺影の候補写真を選んだり、終活の一環で、遺影撮影が流行っているなど、それとなく教えてあげるのも一つの方法です。

Page Top