前へ
次へ

お葬式には失礼のないように参列する事

子供のころはお葬式とは全く無縁だったけれど、やはり年齢を重ねていくとお葬式に参列する回数が少しずつ増えてきます。
お葬式はいつも突然の事で、事前に知らされるものではないので、やはりいきなり参列する事になった時の為に喪服は必ず1着は用意しておいた方がいいかもしれません。
お葬式に参列している人といえば、全員黒の喪服が主流ですよね。
結婚式だけではなく、お葬式にもきっちり決められたマナーがあります。
元々黒の喪服というのは親族の方だけが着用するように決められており、その他の参列者にはとくに決まりはありませんでした。
しかし冠婚葬祭が普及してくるにつれて喪服は全員黒い服というのが主流になっていきました。
男性の場合は黒のスーツに白いシャツで、ネクタイも派手なものではなく黒が主流です。
女性は黒のフォーマルスーツに、バッグや靴に光沢のないものを選んで参列しなければなりません。
きちんとした服装で行かなければ、やはり周りの参列者にも不快感を与えてしまうので、きちんとマナーを守って参列しましょう。

Page Top